精神病診断で心の異変を逃さない!【大切な心と体の健康】

サイトメニュー

病名を明確にできる

女の人

強迫性障害の治療内容

精神科で精神病の診断をしてもらえば、罹っている病名がハッキリ分かるのも大きなメリットです。病名が不明な時は不安な気持ちに駆られても、病名が判明すれば心の負担が軽くなることもあります。また、どんな精神病を患っているのか明白になれば、それに合った治療方法を医師が提案してくれるため、回復のメドが立つのも心強いポイントです。病気の種類が分かれば薬物治療も開始できますから、体の中から直接治せるようにもなります。そのほか、臨床心理士などのカウンセリングを用意している精神科なら、診察結果と呼応した面談が行えるのも外せない利点です。何れの場合でも、医師による診断が治療の起点になりますので、先ずは病院に予約を入れて診てもらいましょう。一方、精神病の症状が重い場合は一旦休職して治療に専念する必要もありますが、医師の診断書があれば、休職願いも受理されやすいのがメリットです。そのほか、医師の診断書があれば自立支援医療制度も申請できるようになりますから、審査に受かれば3割負担の世帯でも、1割の負担で済みます。さらに、ひと月の支払い上限金額も決まっているため、精神科の治療費を大幅に減らせることも、精神病の診断を病院で受けるメリットです。適度なら好ましい潔癖症も、度を過ぎれば強迫性障害となり、うつ病も招きやすいため、精神科での治療が必要になります。この精神病は、以前は治療が困難でしたが、精神療法や投薬療法が発展したおかげで、今では回復が見込めるようになりました。もしも強迫性障害と診断された場合、精神療法では暮らしの中で改善できるポイントを探し、それを1つずつ摘み取るように対処していきます。主に考え方を修正していくなど、心の負担を軽くする治療が行われるのです。そして、診断後は薬物治療も開始され、セロトニンを増やす抗うつ剤を基軸に、強迫観念からの脱却を目指します。具体的には、セロトニンにだけ反応する、SSRIが第1選択薬として処方されるのが一般的です。ただし、症状が強い時期に精神療法を強引に行えば、余計に症状が悪くなることがあるため、その際は薬物治療の成果が出てから開始されます。心が安定すれば精神療法も効果が上がりやすくなるので、2つの治療は連動しているのが特徴です。また、SSRIだけでは効果が見られない場合、抗精神病薬が処方されることもあり、この薬でドーパミンの量をコントロールします。特に、妄想とも呼べる強迫観念に見舞われている状態では、抗精神病薬の追加が有効な手段です。

Copyright© 2018 精神病診断で心の異変を逃さない!【大切な心と体の健康】 All Rights Reserved.