精神病診断で心の異変を逃さない!【大切な心と体の健康】

サイトメニュー

保険を使えば3割負担

男の人

相性が良い病院を探そう

心の治療を行う時も、先ずは精神科で診断を受けて病名を確定する必要があります。精神病の診断には健康保険が使えますので、3割負担なら大体3,000円ほどです。また、精神病がほかの病気から来ていることを否定するため、各種の検査が行われることも少なくありません。もしも血液検査をすればおよそ1,500円前後、心電図検査をすれば概ね400円程度加算されます。どの検査を行うかは病院次第ですが、初診なら検査料込みで、概ね3,000円から6,000円程度が相場です。そのため後期高齢者などの1割負担なら、1,000円から2,000円程度になるでしょう。そして、うつ病や統合失調症などを識別できる光トポグラフィー検査を受ける場合は、3割負担で別途4,000円から5,000円前後必要です。ただし、この検査は医療機関によって自費扱いなので、その際は8,000円や12,000円などが追加されます。光トポグラフィー検査は病名確定の補佐的な意味合いが強いため、100%の確率ではありませんが、診断結果の精度を高めるには有効です。一方、診断書の発行は自費になりますから、略式でも2,000円から5,000円程度、詳細な形式なら10,000円を超える場合もあります。数時間待っても診察時間がたったの数分では良い病院とは言えませんが、それでも医師との相性が良ければ、この上ない優良病院になります。相性にも方向性がありますから、自分の性格や目的に合った基準で、診断先の病院を選びましょう。中でも、人として信頼できる医師か、あるいは医師として信頼できる精神科医か、という基準は大切です。もしも医師と心を通わせて精神病を治したいなら、前者を基準が大きな意味を持ちます。特に薬物治療が不要なら、このポイントに比重を置くと良いでしょう。一方、薬物治療を行う場合ですが、再診では経過などを報告して薬をもらうだけなので、数分間で診察が終わる場合も少なくありません。そこで、数週間に1回、数分間会う医師に友情や私的な感情を求めないなら、多少馬が合わなくても、診断の正確性や薬の調整面で相性の良い医者を選ぶのも得策です。また、医師のタイプも様々ですから、診察で対話を求めるなら積極的に語り掛けてくれる医師を選び、逆に色々言われるのが嫌なら、口数の少ない医師をお選びください。しかし、本来は人懐っこい医師でも、後者のような患者が多い場合は寡黙な医師として接する場合もあるため、その点を考慮しておくことも病院選びの秘訣です。そのほか、アルコールやタバコなどの依存症を伴う時は、依存症治療に対応する精神病院などを探しましょう。

Copyright© 2018 精神病診断で心の異変を逃さない!【大切な心と体の健康】 All Rights Reserved.